トップページ > 未分類 > 形で変わるぴったりデザイン

形で変わるぴったりデザイン


《爪のデザイン》
ネイルアートに入る前には、
まず爪の形を作らなくてはなりません。
しかし爪の形やデザインも様々で、
見せ方1つで指先の印象が随分と違って見えるものなのです。
では、爪の形とはどのようなものがあるのか。
今回はネイルアートをする前の
爪のデザインについてご紹介していきます。

《仕上がりを左右する爪の形》
定番でもあり馴染の深いラウンド型は、
先端が滑らかな曲線を描き優しい印象を与えます。
また、両サイドがストレートになっているので
指先を細長く見せるのにも最適な形なのです。

ラウンド型よりもよりシャープにしたオーパル型は
女性らしさをより際立出せます。
シックで大人っぽいネイルアートを楽しみたい場合は
こちらのオーパル型にすれば、
より印象強く女性らしい手元を演出してくれるでしょう。

頑丈なスクエア型は強度はあるものの、
日常生活ではやや不便な部分もあります。
角が全て尖っているため、ふとした時に引っかかり、
爪を傷つける恐れもありますので注意が必要です。
長さを出してネイルアートを楽しむ際には
こちらのスクエア型がお勧めです。

《爪のデザインをご自宅でも》
このように、爪の形1つで
相応しいネイルアートも変わってきますので、
どのようなデザインを試してみたいのか、
現在の爪の形はどれに当てはまるのか、
などを確認した上で、
ご自身にぴったりのネイルアートを楽しみましょう。
また、ネイルスクール「LOOPGARDEN」では、
プロの技術をご自身でも再現できるよう、
本格的なネイルを学べるコースを多数ご用意しています。
デザインからアートまで、
プロのテクニックをご家庭でも試してみませんか?

  • ジェル
  • ブライダルエステ
  • ネイルスクール
  • オーナーブログ
  • 24時間WEB予約