トップページ > 未分類 > 加齢による爪の衰え

加齢による爪の衰え


《年齢と共に変わる爪との向き合い方》
年齢と共に現れる爪の老化現象は
おおよそ30代を過ぎたあたりから出始めると言われています。
爪の表面に縦線が見つかると
それは爪が老化している証拠なのです。
また、無理なダイエットをしていると
爪に栄養が行き渡らなくなり、
このような症状が出ることがあります。
爪に現れる老化現象は
縦線以外にも横線というものがあり、
こちらは精神的なものからくるストレスや
体調不良などが主な原因とされています。

《爪の老化を食い止めるには》
では縦線が見受けられた場合、
どのように爪をケアすればいいのか、
ということについてご紹介していきましょう。
爪が老化してきた時には栄養を取り入れることが一番重要です。
そのためにはまず、ビタミンを多く摂取し、
コラーゲンを取り入れてください。
また、大豆などが含まれている食べ物も効果的です。
爪は皮膚の一部でもありますから、
お肌をお手入れするのと同じように
栄養分をたっぷりと補給してあげることが
老化を止める一番の近道です。
さらに、就寝前には軽く指先をマッサージしてあげたり、
クリームを塗って保護することも大切です。

《爪の様々な変化に対応できるネイルスクール》
ネイルスクール「LOOPGARDEN」では、
年齢と共に変化する爪のお手入れや、
日頃の爪との向き合い方、
また老化した爪のお手入れ方法なども幅広くご紹介しております。
いつまでも指先から若々しくいたい方のために、
お悩みに合った対処法を学ぶことができますので
お気軽にご相談下さい。

  • ジェル
  • ブライダルエステ
  • ネイルスクール
  • オーナーブログ
  • 24時間WEB予約