トップページ > 未分類 > ネイリストになるには

ネイリストになるには


≪ネイリストとは?≫
ネイリストとは、ざっくりいうと、
お客様の爪を美しくすることを仕事にしている人です。
ネイリストは爪にきれいなアートを施すイメージですが、
その仕事内容は半分で、半分はその人その人に合った手入れをして、
健康な爪にするというのも大事な仕事です。

≪ネイリストになるには?≫
法律的にはネイリストは国家資格があるわけではないので、
仕事のあるなしにかかわらず、自分でネイリストだと言ってしまえば、
誰でもなれてしまうといっても過言ではありません。
しかし、民間のネイリスト検定を受けて、
ネイリストの資格をとらないと仕事はなく、
特にほとんどのネイルサロンの人材募集は、
ネイリスト検定2級以上が必須条件となっています。
ネイリスト検定2級以上は、サロンで働く場合、
ネイリストとしての実力を証明するものなので、
必要不可欠な資格です。
ただ
「器用で絵がうまいから」
くらいではなれません。
検定をとる以外では、ネイルの学校を出て
ディプロマと言われる証明書をもらうことでも実力の証明になります。

≪ネイリスト検定2級は?≫
ネイリスト検定2級は独学ではかなり難しいレベルです。
サロンワークで通用する
ささくれの処理やキューティクルの処理などのネイルケア、
亀裂が入っている爪のリペア、チップ&ラップ、ジェルネイル、
ネイルアート、3Dアート、爪と皮膚に関する知識などが必要です。
きちんとスクールに通って学ぶことをお勧めします。

  • ジェル
  • ブライダルエステ
  • ネイルスクール
  • オーナーブログ
  • 24時間WEB予約